スーツについて

スーツのお手入れと素材の相反する問題

スーツは肉体労働以外のビジネスをする労働者にとってなくてはならない大事な衣装となります。
この衣装は冬場や春秋だけでなく、職場によっては真夏でも着ることを要求させられます。
もちろん夏場のスーツは冬場用と違って生地自体は薄くなっていて通気性がいくらか改善されています。
しかしこの衣装はプライベートの普段着や肉体作業をする作業着と違って容易に洗濯がやりにくいことで知られています。
洗濯がやりにくい原因の1つは衣装の生地自体がウールやキュプラでできているからです。
これらの素材は洗濯をするたびに生地が縮んでしまって形が変形してしまいます。
だから洗濯が容易でなく、大半の人はクリーニング屋さんに出すことになります。
冬場の衣装はあまり汗をかかないので何か月に1度の割合で済ませられるかもしれません。
しかし気温の高い時期だと汗をかきやすくなるためにクリーニングに出す頻度が高くなり高い出費になります。
ただ近年は夏場用の衣装は洗濯機で対処できるのも登場してきました。
安価で生地自体にポリエステルを含ませたのが登場していて、それらは洗濯ネットに入れてドライクリーニング専用の中性洗剤を使い、手洗いコースや弱流コースで洗います。
そして洗うと陰干しで乾燥させていきます。
後はアイロンをするときは当て布で慎重にしわを減らしていきます。

Copyright(c) スーツ All Rights Reserved.